Spor2Me(スポーツミー)ってなに

Spor2Me(スポーツミー)ってなに

昨日とっても嬉しいパトロンが現れました.

その方は西野さんのオンラインサロン伝いでFB内で友達になっていた方です.
僕のクラウドファンディングの内容を見て頂いてメッセージをくれました!

「つい先日FBでお友達になりました、〇〇です。詳しくわかっていないところもありますが、とにかく可能性を感じたのでそれに賭けて支援させてください!すでに還暦を迎えていますが昨年起業して、理学療法士をしていたので、特定のスポーツはどうだかわからないけれど、何か一緒にに運動を指導・ナビゲートする機会をこのアプリでも得られたらなぁと勝手に考えているところです。応援しています!頑張ってください!」

めちゃくちゃ嬉しい

何が嬉しいかって

二十歳過ぎの若造に可能性を感じてくれていること

還暦過ぎてもスポーツを色んな人に教えてあげたいと思ってくれていること

カッコ良すぎませんか!

ご自分で起業しているにも関わらず他人を応援してくれる.
クラウドファンディングのいいところは見返りを求めない所(投資じゃない)だと思っていて,
本当に応援してくれていることが伝わるんですよね.

そんな方は信用できますし今後も長くお付き合いしていきたいと思いますね

でも反省しないといけないところがあります.
あまり理解に至ってないということ.
初見の方に分かってもらえるような充分な説明がなされてないのが反省です.

なので

Spor2Meをめちゃくちゃ説明していきます


そもそもSpor2Meは”スポーツミー”って呼んでください!

キャッチフレーズ的なものは
「好きな時に、好きなスポーツを」
って感じなんですがいいのがあれば変えていきたいです.

おおまかな使い方としてはスポーツを”教えたい人”が”教わりたい人”を集めれるプラットフォームになります.

教える側が先生となり   

・種目                            
・タイトル
・時間
・場所
.レベル
.対象
.料金
.持ち物
を決定します.

全部自由です!!
選ぶのは生徒側だから!!!

人を集めたいなら土日の午前中がいいかもしれませんし,対象をサラリーマンに絞った場合深夜がいいかもしれません.
集客方法は無限大です.

例えば初めてサーフィンをやるのにショップで諸々借りてレッスンを受けるのに2万弱はくだらないです.
しかしもし自分の友達にサーフィンをやっている人がいればウェアーを借りたり,教えてくれたり
当たり前のように無料でやってくれますよね.

Spor2Meはここの間のようなもの

”初めての人”はプロに教えてもらいたい訳ではないんですよ.

スポーツを好きになってもらうのに ”きっかけ” は限りなく近いほうがいい

好きになったら ”もっと上達したい!!” って人が増えてよりレベルの高い人に教えてもらいたくなるんですよね!

スポーツ『ヨガ』タイトル『朝ヨガしようぜ』時間『明日6時半』場所『代々木公園』レベル『1』

 対象『30代女性』料金『500』持ち物『マット』


スポーツ『筋トレ』タイトル『マッスルタイム』時間『4月23日』場所『〇〇gym』レベル『6』

 対象『20代』料金『1000』持ち物『なし』


今説明しているのは

”教える”

ということの一部でしかありません.

長くなるので次回!!