小さなおばあちゃん

最近本当にランニングブームがきている気がする

そこらじゅう近所を老若男女問わず走っている

この間、近所をランニングしている時に
小さいおばあちゃんが走っていた。

推定で60代後半
決して早いペースではなかったけど、なんか気になって
話しかけてみた。

こんばんわ、お元気ですね!
よく走るんですか?

”はは、はじめたばっかなんだよね、ランニングって楽しいのね!”

どうやら、おばあちゃんは近所に走ってる人が多くて、なんか暇だから健康も兼ねて
ランニングを始めたらしい。

ちょうど1ヶ月前に始めて、いつかはフルマラソンを走ることが夢らしい。

かんっぜんにびっくらこいた。
1ヶ月前に初めてフルマラソンを目指す、しかも60代。

めちゃくちゃすごい。

するとおばあちゃんから、
あなたは何かやっているの?
体がおっきいから

陸上をやっていたことを話して、いまやっていることも話した。
なんかアプリとか、サービスとかカタカナばっかであんまよくはわかっていなかったけど、

気軽に誰でも運動を教えてもらえるって話をしたら喜んでた。

私も教えてほしいけど、おばあちゃんだと迷惑かけてしまうからねー

僕は説明した、

いや、そんなことないですよ!
確かに若いのと同じペースで走るのは難しいけど、同じくらいの人たちでやればいい、
そうゆうこともできることを話した。
なんなら一対一でも箱根駅伝でた人に教えてもらえるようになるよって

そういって僕が10分くらいなんとなくある知識で教えてあげた。

そしたらたった10分でもおばあちゃんの走りは変わって、
本人が一番実感していた。

おばあちゃんはすごい喜んでくれた。
また教えてほしいと言われ、約束をして別れた。

普通に喜んでくれて嬉しかった。
かつこうゆうのが必要だって再認識した。

なんかスポーツしてる奴に悪い奴はいないっていうと語弊があるけど、
エネルギーがすごい!

年配の方にも絶対に使ってほしいアプリになるから、ほんと一人一人に教えるくらいで、

届ける努力

これを絶対にやらないとなって所存です。

さあやろっと